KDおじちゃんの思い出

神奈川県久里浜のメモリアルホールに行ってきました。



私の19年前に亡くなった父の友達だったKDおじちゃんが
一昨日亡くなってしまったのです。
今日は本当は親族だけのお通夜だったのに、
親族でないのは私だけ、声をかけていただきました。


KDさん家族と私の実家はとても仲が良くて、
毎年のように夏休みにはキャンプや登山を一緒にしました。
水も電気も何もない山の中で一緒にキャンプをしたのも
この家族と一緒でした。
冬休みも春休みも毎年スキーに行きました。
春には三浦半島にあるKD家にある竹林で筍掘りをしたり、
夏には海で遊んだりしました。
私にとっては親戚の叔父、叔母、以上に
たくさんの思い出があるKD家族でした。
私よりいくつか年上の二人のお姉ちゃんも
さいころからたくさん遊んでもらって、
歳の離れた弟しかいない私にとっては
いつも憧れの存在でした。

おじちゃんは、自分の娘二人には、色々楽しい無茶ぶり
(踊れだの、歌えだの、木の葉で髭をつけて写真をとったり)
をする人でした。
面白いけど厳しくて、声が大きくて怖いけど、楽しい人で、
子供のころはおとなしかった私は、
自分にふられたらどうしようとドキドキしながら
無茶ぶりを楽しそうにこなすお姉ちゃんたちを尊敬して見ていました。


今日は遠くにお嫁に行った、下のお姉ちゃんにも
20数年ぶりにお会いすることができました。
それに彼女たちの子供たちやいとこにも。


おじちゃん、思い出をたくさんありがとう。
こうしてまたみんなを会わせてくれてありがとう。