ピカンゆべし/くるみゆべし

午前中に教会で英語を教えた後、
娘の予備校の近くのオムライスのお店「ラケル」で娘と一緒にランチ。

私が頼んだのは普通のオムライスではなくて、
海老とシメジの和風オムライス(みたいな名前の)。
ポン酢のようなさっぱりした味付けの餡がかかっていて
とってもおいしかったです。

予備校の保護者会に出ていた夫もあとから合流。
入れ替わりに私は都内で行われるETJ(English Teachers in Japan)千葉支部
ワークショップに行きました。


今日のゲストプレゼンターはフィリピン人の先生。
小学校での英語活動で使われるテキストを有効利用できる
様々なアクティビティを教えてくれました。
参加者も半分以上がフィリピン人の先生方。
いつものことながら、みんな明るくってテンションが高いです。


差し入れに作っていったピカンゆべし。
フィリピンではもち米を使ったお菓子をよく食べるので、
フィリピンの先生方にもとっても喜んでもらえました。
今回はちょっと細長く切ってみました。

作り方を聞かれたので、載せておきます。

 ピカン(又はクルミ) pecan nuts or walnut  40g
 白玉粉 shiratamako (sticky rice flour)  100g
 黒砂糖 black sugar             80g
 醤油 soy sauce              小さじ1 teaspoon
 ぬるま湯 lukewarm water          180cc
 きな粉 soybean flour            大さじ2 tablespoon
 片栗粉 potato starch            適宜 enough to sprinkle

1. ピカンを粗く刻み、電子レンジに2〜3分加熱します。
   Chop nuts and microwave on high for 2 to 3 minutes.
2. 白玉粉と黒砂糖と醤油を大きめの耐熱容器に入れ、ぬるま湯を入れてよく混ぜる。
   Mix shiratamako, black sugar and soy sauce together in a large microwave-safe bowl and add water.
3. ゆるくラップか蓋をして電子レンジに2分かける。とりだしてムラのないようによく混ぜる。
   Microwave on high for 2 minutes with a lid. Mix well.
4. ピカンときな粉を入れてよく混ぜ、レンジでさらに2、3分。
   Add chopped nuts and soybean flour and mix well. Microwave for another 2to 3 minutes.
5. さらによく混ぜて、オーブンシートの上に広げ、オーブンシートで挟んで伸ばします。
   冷めたら片栗粉をつけながら切り分けます。
   Mix well. Pour onto an oven paper and spread thinly.
   Let sit to cool. Sprinkle with potato starch and cut.





夕食。

サラダ
キノコ餃子
メヒカリ唐揚げ(夫作)
海老餃子
うどんチーズ餃子

長らく改装中だった駅ビルがようやく昨日か一昨日にオープンしました。
これで帰りにちょっと野菜や魚を買うのにも便利です。