秩父三十四観音巡礼最終日

f:id:whitewitch:20190421231227j:plain

 

 

f:id:whitewitch:20190421231306j:plain

秩父ワイナリー直売所。

夫はたくさん試飲していました。

見学はできないみたいです。

 

 

 

f:id:whitewitch:20190421231327j:plain

「丸神の滝」

水量が少なかったけど、

駐車場から15~20分歩いた先にあるので、

足場の悪い道を行った後はとても清々しいです。

でも、人けがないと、クマが出そうでちょっとコワイ。

 

 

 

たまたま通りかかったジビエのお店でランチ。

f:id:whitewitch:20190421133730j:plain

f:id:whitewitch:20190421231341j:plain

夫は猪重。

私は鹿肉の生姜焼き。

どちらもおいしかったです。

明日放送予定の(4月22日)「帰れマンデー」で

このお店が放送されるかもしれないんだそうです。

 

 

 

午後は、去年の6月に娘と3人で行った、羊山公園へ。

whitewitch.hatenadiary.com

 

あの時は、すでに終わっちゃっていたけど、

今回は、チューリップや枝垂れ桜はもちろんのこと、

f:id:whitewitch:20190421231417j:plain

f:id:whitewitch:20190421231521j:plain

 

芝桜が満開!

f:id:whitewitch:20190421231443j:plain

f:id:whitewitch:20190421231511j:plain

可憐な花が本当にきれいです。

全く違う種類の花なのに、

どうして木に咲く桜とそっくりな形なのかしら。

でも、桜とちがって、香もかなりあるので、

これだけたくさんの芝桜に囲まれると、

香で酔いそうなくらいでした。

 

 

近くの小さな「葛葉稲荷神社」。

最近、葛餅に凝っている私にはタイムリーな神社?

f:id:whitewitch:20190421231536j:plain

 

 

 

いよいよ秩父三十四観音霊場、三十四番目の結願寺である

「水潜寺」

f:id:whitewitch:20190421231603j:plain

珍しい、石にお経の一文字だけを書いて奉納する、

一文字写経というのがありました。

結願時で、締めくくる、「締」の字を書くことになりました。

順番はその時に出ている文字を書くので選べません。

f:id:whitewitch:20190421231618j:plain

 

 

 

すぐ近くの「華厳の滝

f:id:whitewitch:20190421231652j:plain

日光の華厳の滝ほど大きくないけど、

こちらも素敵な滝です。

滝の上には、ちょっと変わった仏像もありました。

仏像を見に行って、滝の上から反対側に

何やら獣道のような遊歩道?を歩きました。

 

 

f:id:whitewitch:20190421231703j:plain

 

f:id:whitewitch:20190421231715j:plain

あちこちで、飲むヨーグルトを飲んでみては、

味の比較をしています。

手前にある方、大きく写しているほう、

が、おいしかった方です。

いろんなメーカーのがあるから、

どれがおいしかったかそうでもなかったか忘れちゃうので、

撮っておきました。

白桃のもおいしかったけど、

ヨーグルトとしてはまあまあでも、

熟れていない桃が入っている感じがイマイチでした。

 

 

 

夜は自宅近くのバーミヤンで。

f:id:whitewitch:20190421212324j:plain

車の中で、眠気覚ましに二人でお煎餅をボリボリ食べたので、

あんまりおなかがすきませんでした。

 

 

 

 

 

秩父小鹿野町春祭り

早朝、うちを出ました。

 

高阪サービスエリアで休憩。。

ウルトラマンの自販機。

私たちは買わなかったけど、

ジュースを買うと、

「シュワッチ!!」

って、すごい音がします。f:id:whitewitch:20190420182916j:plain

 

 

秩父観音巡礼の続きです。

whitewitch.hatenadiary.com

 その時に、この週末は、春祭りで歌舞伎をやると聞いていたので、

来てみました。

f:id:whitewitch:20190420182956j:plain

 

 

小鹿野町のメインストリート?を

いくつもの山車や、グループが、練り歩きます。

f:id:whitewitch:20190420182937j:plain

いいお天気を通り越して、暑いくらいなので、

中には見るからに不機嫌でふてくされて歩いている子も。

それもかわいい。

 

 

 

f:id:whitewitch:20190420183008j:plain

お昼は、小鹿野町観光交流館えびすや。

 

 

秩父観音巡礼33番札所「菊水寺」

f:id:whitewitch:20190420183134j:plain

広い土間が珍しいお寺です。

f:id:whitewitch:20190420183213j:plain

 

 

大急ぎでまた戻って、

町の人々が演じる歌舞伎を観ました。

f:id:whitewitch:20190420183227j:plain

「一谷嫩軍旗(いちのたにふたばぐんき)」

前もってあらすじを読んでおいたので、

わかりやすかったです。

市役所の女性職員さんとかも出演する

手作り感満載のアマチュア歌舞伎だけど

皆さんなかなか芸達者で、面白かったです。

ただ、幕間がかなり時間がかかるので、

その間に退屈して席を立ってしまう人がけっこういて、

残念でした。

おかげで途中から座れたけど。

 

 

再び、菊水寺の近くの、小鹿野化石館。

f:id:whitewitch:20190420183245j:plain

その先には、太古の地層がむき出しになった、

「ようばけ」があります。

f:id:whitewitch:20190420183256j:plain

f:id:whitewitch:20190420183311j:plain

 

 

 

 

 

早めに今夜の宿にチェックイン。

宿から徒歩数分の「般若の丘公園」。

f:id:whitewitch:20190420183324j:plain

化石館でも見ましたが、

昔は関東のかなり部分が海だったと頭ではわかっていても、

埼玉や群馬のような海無し県に

かつてはこんな大きな魚やクジラがいたなんて、

とっても不思議な気がします。

f:id:whitewitch:20190420183333j:plain

「パレパラドキシア」

 

更にその近くの「日本武神社」

f:id:whitewitch:20190420165842j:plain

f:id:whitewitch:20190420183345j:plain

f:id:whitewitch:20190420165713j:plain

ここでも歌舞伎をやることがあるみたいです。

 

 

 

f:id:whitewitch:20190420183447j:plain

f:id:whitewitch:20190420185511j:plain

f:id:whitewitch:20190420190225j:plain



 

秩父観音巡礼「観音院」「法性寺」と秩父夜祭

朝食。



チェックアウトしてから、
小鹿野町を少しぶらぶらしました。

十輪寺



不動尊


愛宕神社




昼食。





「小鹿神社」


このあたりの神社は、天井がきれいなところが多いです。


本殿の手前の柱についている大きなそろばんみたいなものは、

百度参り用のカウンターだそうです。



小鹿神社のとなりには、鹿公園があって、

かわいい鹿が30頭くらいいます。
50円で餌をあげることもできます。


JAの野菜直売所で野菜を仕入れたりしながら、
車で数キロ移動しました。



秩父観音巡礼31番「観音院」

観音院の裏山から採取したという石材で作られた仁王様。


急な階段を上ります。


こちらも巨岩を背にした観音堂が。
向かって左手には滝が流れていますが、
今の時期、水量はとても少ないです。

その滝の手前には、
弘法大師が爪で彫ったとされる
「磨崖仏」


観音堂の裏手からハイキングコースもあり、
数分登ると、

祠があります。

この祠は巨石の上に建っていて、
その下にも数多くの仏像が、



秩父観音巡礼第32番「法性寺(ほうしょうじ)」

こちらも奥に観音堂があるけど、

そのまた奥には奥の院があって、仏像があるそうなのだけど、

分岐点から往復1時間以上かかるそうなので、
もう夕方遅くなっていたので今回はあきらめました。




秩父の町は、今夜から夜祭です。

立派な山車が出て、太鼓や笛の音と共に
町内を練り歩きます。

落語家の林家たい平さんも山車に乗っていて、
盛り上がっていました。





夕食は、お祭りの屋台でもつ煮や秩父饅頭をつまんだり
(携帯の電池が切れてさつえいできなかった)
帰りのSAで軽く食べました。
お昼ごちそうだったからね。





16400歩












人気ブログラ
ンキングへ

秩父観音巡礼「大渕寺」「橋立寺」「長泉院」「法雲寺」

朝、車でうちを出ました。


SAで朝食。

昨夜の残り物と、
カレーうどん

SA人気ナンバーワンだというコーヒーソフトも、
甘さ控えめで、
苦味がきいていておいしかったです。




秩父観音巡礼、第27番「大渕寺(だいえんじ)」。

本堂を彩る紅葉が綺麗。

観音堂は、本堂の裏にあります。

その脇のそこそこ急な坂道を上ること数分…


護国観音。
高さ15メートルの大観音像は、
高崎、大船の観音像とともに、
関東三大観音と呼ばれているそうです。
(比べるものがないと、写真じゃ大きさがわからない…)


下に降りて、駐車場から見上げると
山の上に観音像が見えます。
(左上)





秩父観音巡礼、第28番「橋立寺(はしだてじ)」

武甲山の岩壁を背にひっそりとたたずんでいます。

中の馬頭観音像は、
馬頭の部分は欠けています。


本堂の手前に、
鍾乳洞への入り口があります。

中はかなり狭い部分や、
急な梯子を登らなければならず、
私も体調が悪かったら、無理だったかも。
背の高い夫は、ずっとかがんだ状態だったから疲れたみたい。

残念ながら、中は撮影禁止だそうです。
今どき、撮影してもらった方が
人が来てくれると思うけど…。



境内には、ちょっとおしゃれな喫茶店
蕎麦屋さん?があります。

夫はお勧めの蕎麦、
私はお勧めのつけ汁肉うどん。

長野だか群馬だかの蚕農家を移築した
大きくて立派な建物です。

いろいろな演奏会も開かれるそうです。




近くの「浦山ダム

ダムの下から、エレベーターでダムの上へあがれます。

上から下を見るとクラックラします。
駐車場にうちの赤い車が見えます。






秩父観音巡礼、第29番「長泉院(ちょうせんいん)」


この間秩父に来たときはまだちょっと紅葉に早かったけど、
今回はギリギリ見られました。




秩父観音巡礼、第30番「法雲寺(ほううんじ)」






今夜の宿は、小鹿野町の「越後屋」さん。


お遍路さん用の小さな宿という感じで、
お料理も変わったものは特にないけど、
味付けはどのお料理もおいしかったです。


今日の歩数は
10056歩。
階段が多かったから歩数以上に運動になったけど、
クタクタにならず、
ちょうどいい感じの運動量でした。



















人気ブログランキングへ

秩父観音巡礼「龍石寺」「岩之上堂」「観音寺」「童子堂」「音楽寺」「宝泉寺」「久昌寺」「円融寺」



19番札所「龍石寺(りゅうせきじ)」

大きな岩盤の上に建てられたお堂だそうです。




20番札所「岩之上堂(いわのうえどう)」

19番の方が見るからに岩の上に建っていたのに、
こちらの名前が岩之上堂。




21番札所「観音寺(かんのんじ)」




22番札所「童子堂(どうじどう)」

愛嬌のある仁王様たち。




23番札所「音楽寺(おんがくじ)」

本堂の裏山を数分登ると、

町を見下ろすように、13権者の石像があります。




途中で見つけたお蕎麦屋さんでお昼。




24番札所「宝泉寺(ほうせんじ)」

100段ちょっとの急な階段を上ります。
熊野古道や山形の山寺へ行った後だと、
100段なんてすぐそこの感じ。

このお寺は変わった形をしていて、
本堂そのものの手前のところが
仁王門になっています。
賽銭箱の両側が仁王様たち。




25番札所「久昌寺(きゅうしょうじ)」


観音堂の奥の池の向こうにある本堂へ行くと、
ここにしかないという「御手判(おてはん)」というお札?を分けて戴けます。




26番札所「円融寺(えんゆうじ)」

今は観音様もこの円融寺に収められていて、
御朱印もこちらで受け取るのだけど、
1キロほど離れたところにある観音堂へも行ってみました。


電力会社の敷地内を抜けた神社の近くに車をとめて、


300段ほどの階段を上ります。

とても趣があって素敵な観音堂です。
山道を登ってでも観る価値があるかも。


さらにこの観音堂の裏山を数分登ると
(かなり足元悪し)

素敵な大仏様が待っていてくれました。




今回の旅行での秩父34観音巡礼は、比較的場所が近いので
たくさん回れました。



帰りは道の駅に寄ったりしながら、
夫がずっと運転してくれました。


ちょうど帰宅した娘と夕食。





お天気にも恵まれたし、
見どころもいっぱいあったし、
毎日ゆっくり温泉に浸かってごちそうを食べて
贅沢な旅行でした。
ダーリン、素敵な誕生プレゼント、ありがとう!










人気ブログランキングへ

秩父宝登神社と秩父観音巡礼「神門寺」「定林寺」「西光寺」

部屋の窓から、朝霧の立ちのぼる山々。
実物はもっとずっと素敵です。

窓の下には、川が流れています。


朝食。




秩父三十四観音巡りで、以前も訪れた「四萬部寺」[d.hatena.ne.jp/whitewitch/20151102:title]



道の駅にもまた寄ってから、
宝登山ロープウェイ。


頂上駅から2、3分歩くと、

宝登神社奥社。


山頂へもすぐです。
今は、冬桜が咲いています。

春は蝋梅が咲き乱れるそうです。
昔、植樹というと、杉や檜ばかり植えられたけど、
それが伐採された後、
もっと在来の樹木を植えたいと
植えられたそうです。


下に下りると、

宝登神社本殿。

本殿の裏にある、「日本武尊社」

日本武尊宝登山に登る前に身を清めたという泉。





表参道をちょっとぶらぶらしていたら、
お洒落な蔵風の酒屋さんがありました。
今年できたばかりだそうです。
中もピカピカ。





18番札所「神門寺(ごうどじ)」



17番札所「定林寺(じょうりんじ)」

このお寺の梵鐘は、埼玉県指定有形文化財に指定されていて、
鐘の音のすばらしさから、秩父三名鐘の一つといわれているそうです。

何かのアニメの舞台になったそうで、
若い男の子5〜6人のグループが、
本堂の前でおかしなポーズをとって、
写真を撮ってほしいと頼まれました。



16番札所「西光寺(さいこうじ)」



秩父駅にほど近い今夜の宿へ。

チェックインした後で、
ちょっと時間があったので、
近くを散策。

そこここにある道標。
一つ一つに開運小物が置かれているので、
面白くて探しながら歩きました。
100個もあるんですって!




宿に戻ってお風呂。
日曜の夜だから空いてる〜。
檜のチップが浮かべられていて、
いい香りです。



なぜか秩父で松坂牛のしゃぶしゃぶ。

となりのテーブルで食事をしていた母娘さんも観音巡りをしてきたのだって。
お母さんは80歳で、二人で歩いて回っているのだそうです。
すごいなぁ!
背筋もピンとされていて、
私よりも元気そう!
























人気ブログランキングへ

「行田神社」、「慈眼寺」、「今宮坊」、「少林寺」→「竹取物語」

6時にうちを出る予定が、1時間以上遅れて出発。


途中のサービスエリアで。

レモン牛乳シリーズは、
いつも甘過ぎて、香料くさくてがっかりさせられるけど、
このアイスも私的にはハズレでした。
レモン味っていうからには、
もっと酸味をきかせてほしいなぁ。



栗ママさんのブログで紹介されていた、
行田神社。

がんや難病封じの神社だそうです。
今の私には、なんともご利益を授かりたいところです。



行田神社のすぐ裏には、
ドラマ「陸王」のモデルになった工場があります。
ロケに使われた公園もすぐ近くです。
(私はほとんど見ていなかったけど)






昼食。





13番「慈眼寺」。




電車で駆けつけて途中参加の娘を駅まで迎えに行きました。



14番「今宮坊」。



本殿改修工事中でした。



15番「少林寺」。



ほんでんが土蔵造りという
お蔵のような珍しいお寺です。









今夜の宿は、2015年11月1日に
関東八十八カ所巡礼の時に 2015-11-01 - 明日もいい日和
とても気に入ったお宿、
竹取物語」。






食事はどれもとてもおいしくて、
娘も感動していました。
























人気ブログランキングへ